« 2005年前半の試合 | トップページ | ☆盛りだくさんな占い☆(BlogPet) »

2005/04/28

外反母趾?!改善しよう②

外反母趾には無縁。親指はまっすぐ~!指で何でもつかめるし、じゃんけんも出来るぞ。と、思っていたnoko3。

しかし、やすおさんと練習をし始めてしばらくするとやたらと足が痛い・・・
そして、整形外科で診断されたのが開張足でした。

開張足をもう少し詳しく。

【偏平足】
これは分かりますよね。
足裏の土踏まずが消えてしまいのぺーっとした足跡になる状態。
これは足を縦に支えるアーチがなくなる状態です。

で、【開張足】これは横のアーチが消えてしまう状態のことです。
上から見たときに親指の付け根と小指の付け根を結んだ線の距離が
大きくなってきたら注意ってことですよ。

横のアーチがある時は、親指の付け根と小指の付け根を結んだ
ラインが上に盛り上がっているのでぱっと見距離が短いのです。

でも、そのアーチが消えて足がペタンコになると
ビローンと広がってこの距離が伸びるんですよ~。

そして、注意したいのが外反母趾との関係。

外反母趾の人はほとんどの場合、開張足や偏平足を合併しているそうなんです!!

足のアーチは縦と横にあり、足のバネのような役割をして足を衝撃から守ってます。
ところが・・・足の筋肉が弱って、縦横のアーチが崩れてしまうと外反母趾が発生!!
(縦のアーチが崩れて平らになってしまった状態 → 扁平足)
(横アーチが崩れて、平らになってしまう状態 → 開張足)

開張足が起きて足の幅が広がったところへ、先の細い靴を履くと、
指が圧迫されて親指の変形が起き、外反母趾に!!
小指が変形すれば内反小趾に!!

だからと言って幅広の靴を履いていると開張足が進行してしまう。(-_-;)
足が横に平たく広がってしまう「開張足」を改善しないと、
外反母趾の発生・進行は防げないのです。

なので
・幅が広すぎず細すぎずの靴を履く
・靴のインナーソールに凹凸をつけるものを設置

などしています。

今度また③書きます!

|

« 2005年前半の試合 | トップページ | ☆盛りだくさんな占い☆(BlogPet) »

02.踊ること」カテゴリの記事

04心身の美容と健康」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31652/3888221

この記事へのトラックバック一覧です: 外反母趾?!改善しよう②:

« 2005年前半の試合 | トップページ | ☆盛りだくさんな占い☆(BlogPet) »