« 4月9日 前期イーストジャパン選手権大会(BlogPet) | トップページ | [2006/06/25]東日本県別ダンス対抗戦 »

2006/07/10

2006年07月10日「簫々館日録」を読んだ@モブログ

簫々館日録(しょうしょうかんにちろく)
久世光彦(くぜてるひこ)著

史実を題材にしたフィクション小説

面白かった…。

この小説には芥川龍之介をモデルにした人物が登場します。
その昔、私は芥川龍之介のえがく雰囲気が大好きで、その著書を読み耽った事を思い出しました。
簫々館日録で書かれている芥川をモデルにした人物はイメージ通りです。
切な、退廃、憐れ、疲れ、空回り…うまく表現出来ませんが明るさに乏しく、明るいことに不安を抱く芥川さん、それが描かれているような…感じかなぁ。

ちょっと気が違っている様な世界がたまらない。

で、この小説はと言うと随所に過去の名著をなぞらえていたり、引用していたりで
読んでいて何だか昔の記憶に行き着いていく。
ような感覚がたのしめました。
これだけ綺麗にこの時代を描いた久世光彦さんの他の著作も読んでみたいな。

※@モブログ:携帯からの書き込み

|

« 4月9日 前期イーストジャパン選手権大会(BlogPet) | トップページ | [2006/06/25]東日本県別ダンス対抗戦 »

12.本を読む」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31652/10892265

この記事へのトラックバック一覧です: 2006年07月10日「簫々館日録」を読んだ@モブログ:

« 4月9日 前期イーストジャパン選手権大会(BlogPet) | トップページ | [2006/06/25]東日本県別ダンス対抗戦 »