« きょう(BlogPet) | トップページ | 今年最後の試合でした@モブログ(BlogPet) »

2007/06/10

宮崎マンゴーのパフェ@タカノフルーツ

070609_121101
食べちゃいました。(写真失敗!!)
「タカノフルーツパーラー」の宮崎マンゴーのパフェ。¥2,310

甘いものに大金は贅沢だ!の私ですが、どうしても・・・食べたくなっちゃったんですもん。
これが、新宿や銀座じゃないと食べられないのであれば諦めます。(休みの日の都内は、基本行かない)
しかし、これが上大岡京急店で食べられるって言うんだから抑えられないこの気持ち。
行ってしまいました~!

ノーマルなマンゴーパフェは¥1,365。。。注文寸前まで迷いました。
でも、後悔することになると【宮崎】マンゴーを注文。

結果・・・おいしかった~。
やすおさんいわく、「マンゴーがどれだけ甘いかを分かって、このパフェは作ってあるね」。
確かに、おっしゃるとおり。
よくクチにするマンゴーに比べると全然すっぱさがない宮崎マンゴー。
でも、パフェ全体は、まったくもって甘すぎない。

マンゴー以外の層は・・・
マンゴーシャーベット、マンゴーソース、ココナッツのブラマンジェ、フランボワーズのソースなど~このあたりが甘すぎず冷たく酸っぱく宮崎マンゴーを取り囲んでおるのでした。
\2,310の価値あり!

いやー贅沢を知ってしまった。。。

タカノフルーツパーラー
Img_5foods_07
とろけるマンゴー : YOMIURI ONLINE(読売新聞)の記事
 続き・・・

東京・新宿のタカノフルーツパーラー本店では、いま話題の「宮崎マンゴーのパフェ」(2310円)を味わえる。6月下旬までの期間限定。彩りよく盛りつけられたグラスの上には、鮮やかなだいだい色のマンゴーがたっぷり。さっそく口に運べば、果肉はまさにとろけるよう。フランボワーズ(木イチゴ)のソースや甘さ控え目のホイップクリームとの相性は抜群で、まさに絶品だ。

 宮崎産マンゴーは、100%樹上で完熟させるため、果実にネットをかけ、自然落果するのを待って収穫する。同店パティシェの森山登美男さんは「酸味のきいた甘酸っぱさが魅力の輸入物に対し、宮崎産の特徴は濃厚な甘さ。とくに女性に好まれる味です」。

 同店では、6月中旬まで、宮崎産以外のマンゴーをつかったメニューも豊富にそろえている。レモンプリンにマンゴーのスライスを盛り合わせた「マンゴーデザート」(1575円)などもお薦めだ。

|

« きょう(BlogPet) | トップページ | 今年最後の試合でした@モブログ(BlogPet) »

01.日記と雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/31652/15378319

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎マンゴーのパフェ@タカノフルーツ:

« きょう(BlogPet) | トップページ | 今年最後の試合でした@モブログ(BlogPet) »